toggle
2018-06-30

バンコクで最も歴史のあるお寺、Wat po (ワットポー)。見所が沢山あって面白かった!

世界一周の4ヶ国目、タイにいます。

今日はずっと気になっていた、
バンコク最古のお寺ワットポーへ行ってきた!という記事です。

以下、そんな様子を写真でお届けします。




バンコク最古のお寺、ワットポーへ行ってきた!


ワットポー、ずっと気になっていたんです。巨大な涅槃像がいるんですよね。

中に入ると、大小様々な仏塔が。すごい。迫力あるなぁ。

しかも、仏塔の装飾がタイルでなされていて可愛らしい!

色んなポーズをとっている石像。

そして、猫がたくさんいる…!

犬もそうだけど、こっちでは去勢しないから野良猫や野良犬がたくさん。
飼い猫や犬はどうなんだろう?

ひたすら可愛い。

気になっていた涅槃像はというと、こちら。

全長46メートル。迫力がすごい。

涅槃像って、お釈迦さまが入滅された時の状態を表しているのですが
「こんな穏やかな顔して自分は死ねるだろうか」とか、考えちゃいます。

日本には涅槃像はあまりないし、これだけの大きさのものはそうそうお目にかかれない。

見にいけてよかったー!

タイの仏像は、基本的に金ピカでとても印象的。




入場料は?


拝観料は200バーツ。タイの物価で考えるとわりといいお値段。

※調べたところ、2015年に拝観料が値上がりしたそう。

でも、見応えはあったので僕たちはとても満足しました!
次来た時には、タイ式マッサージも受けたいなあ。




アクセス


僕たちはカオサン通りの近くから、バスに乗って向かいました!
タクシーでも5分くらいで着きそうです。

▲僕たちはこのバス停で降りました。別ルートからの行き方もあるので参考までに。

他には
・ワットプラケオからでも徒歩10分ほどで到着出来そうです。

ワットポーには8:00〜18:30まで入ることが出来ますが、
涅槃像のあるお堂は16:00には閉まってしまうとのこと。

ちなみに、入り口近くにいるトゥクトゥクドライバーが
「今昼休みだから、周りを観光しないか?」と声をかけて来ますが
ワットポーにお昼休みはありませんのでスルーしましょう!

最後まで読んで頂きありがとうございます^^

 



関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA